FC2ブログ

青天の霹靂 (せいてんのへきれき)

先日、ある映画を観ようとしてたのに

席が ほぼ いっぱい だったので、この映画を観ました。

あまり期待はしていなかったのに ・・・♪


『 ありがとう 』

主人公が最後に父親に言う言葉ですが

ワタシもこの作品に「ありがとう」と言いたいです!


39歳(もうスグ40歳)の主人公は売れないマジシャン(手品師)。

ぼろアパートに住み、マジシャンの後輩達からはバカにされ

うだつの上がらない毎日を送っています ・・・。

手品の”うで”は悪くはありませんが、しゃべりがあまりうまくありません。

愛想もありません・・・。

彼の生い立ちは悲しいものですよ。

父は当時、今でいうラブホテルの清掃係で、母がいるのに愛人を作ります。

そのせいで、母は産まれたばかりの彼を捨て家を飛び出します。

彼からすれば母に対して 「なぜ俺を連れて出て行かなかったんだ」 と

子供の頃から現在まで憎んでいます。

そして彼も高校の時に家を飛び出し、それ以来 父とは音信不通に。

そんなある日、

彼の元に警察から電話で、音信不通だった父が死んだと知らされます。

遺骨を取りに行き、その帰り 父が住んでいた橋の下の

ビニールシートの家に行きます。

そう、死んだ父はホームレスになっていました。

そこで、自分の小さかった頃の父と一緒に写ってる写真を見つけます。

その時、現状の自分に嫌気が指し 一気に感情が溢れ出します。

「なにやってんだ俺はっ」

「なんで俺なんて生きてんだよっ!」

こんな みじめな人生、嫌だと言わんばかりに泣き崩れます。

恋人も 友達もいない 貧乏な 自分自身に!!


その時、青天の霹靂 が訪れます!


その後、彼は自分の生い立ちを 知ります・・・。


父親は愛人なんか作ってなく、仕方なくラブホテルの清掃係をしていた事を!

母親は彼を捨てたんじゃなく、自分の命と引き換えに産んで 死んだ事を!


自分は こんなにも 両親に愛されていた事を・・・。


ラスト数分間にわたり、大観衆の前で彼が手品をするシーンがあります。

ワタシは・・・手品を観ながら 泣いたのは 初めてです。


詳しくは映画をみてね~っ♪ 


この映画が好きで、自分は「みじめな人生を送っている!」
「これからどうしたらいいの?」


と、現状 思っている女性に 一歩踏み出すことをオススメしま~す!

風俗業界もいろいろありますから、自分でも出来そうな業種を選んで

現状が「どうしようもない」と思っているなら、一歩踏み出してみては?

誰かに 『ありがとう』 と、言える日が来るかもねっ♪



エラそうに言ってごめんなさ~い。  おこらないでね!


ワタシが監修している風俗求人サイトです。
よろぴく~。

http://do30.jp/
Do姉さん とは?
30代・40代女性向け風俗求人サイト「Do30(ドゥーサーティ)」の女性のお悩みにお答えするカウンセリング担当者。映画好きで風俗経験豊富なバツイチ・アラフォー女性です。

Do姉さん


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
リンク